楽葉

多肉植物ハオルチア・その他の観葉植物を眺める日記

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by laku | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告 |

30 2007

徒長&日焼け

s01

ダブルコンボ。
友人もやってて笑ったw

伸びっぷり焼けっぷりに笑ったので思わず激写。
本人の名誉のために種名は伏せてみるw
悪いのは全部飼い主です。
でも結構陽が差してて綺麗な色に撮れたw

順調に育っていたのにある日を境に急激に伸び始めた人。
季節の変化による光線の加減だと思うが、
それにしても突如盛大に伸び始めた。
そ、そんなに陰だったっけ…?
一応毎日見てるんだし、他の株は徒長の時もうちょっと
「今から徒長するけどいいですかー?」という予兆を見せるのに。

慌てて日のあたる場所に移動させたら見事に日に焼けた。
ただいま日陰養生中。
もういい。好きに生きてくれ。
死なないならなんでもいい。


思ったより風邪本格的だった。
自分を騙してないで早めに寝るか。
薬とミカン買ってきたお( ^ω^)

スポンサーサイト

Posted by laku | 21:25 | Comment [0] | TrackBack [0] | 雑記 |

29 2007

光オブツーサ

h01

h02

h03

光オブツーサ。
オブツーサ×雪の花とのこと。

もうちょい良いネーミングしてれば伝説になったのでは(何の)
名前でちょっと躊躇っちゃうところあると思う。
オブ本人はそんなこと気にしてなさげだが。
叙情的なネーミング探してみた。
イルミネーションとか紙吹雪、銀吹雪とか星屑とか。
え、もっと捻れ?
クリスマス・ナイト、ダイヤモンド・ダスト…
感受性が足りないから無理だw
そしてマイチョイスは紙吹雪。
庶民的でアホっぽくてイイw
伝説にはならない、確実に。

個人的には好きな種類。
本当は来た時から外葉の先が枯れてたので
ちょっと萎えたりもしたんだが、
生長が早いのですぐ更新するだろう。
生長が早いのは見てても楽しい。
仔吹きまくるし。

オブより角ばった葉をしているので、遠目に
ちょっとした鉱物群晶のようにも見えてイイ。

h05

簾だとキラキラが目立たないな。


風邪引いた。
気がする。
さすが季節の変わり目。
薬局で薬買ってこよう、明日。

Posted by laku | 22:56 | Comment [6] | TrackBack [0] | ハオルチア |

28 2007

Haworthia hybrid

g01

g02

g03

子苗の時、安価で譲っていただいた実生苗。(A木さん作)
ハオにはまった初期、育成練習にと購入。
いただく時に親の名前を聞いてみたが、
ご本人もはっきりと覚えていなさげ?だった。
「(うろ覚え)…とベヌスタ(うろ覚え)だったかねぇ」と仰っていたような…

大分育って顔が見えてきた。
最初は葉が三、四枚しかなかったのに。嬉しいぞー!
しかし
これ、片親… 銀世界…
だよな…?w
特徴そっくりなんだが。
焼けると茶色になるので有色の血も入ってるかな?
銀世界も焼けた気がするけど、ここまでだったか…
銀世界と並べるとめっさ親子w
見て見当つく方いらっしゃいましたらヘルプ!

かなり丈夫。
直射あたっても平気な顔してる。
焼けるけど。
やっぱり国内実生苗は日本に馴染んでるから元が丈夫なのか。
輸入苗は見た目丈夫そうに見えるけど、結構デリケートな印象。
つーか
夏越し失敗したの全部雑草系だったYO!
輸入で柔い葉の人たち、難しいYOOOo゜O!!

Posted by laku | 21:50 | Comment [0] | TrackBack [0] | ハオルチア |

26 2007

三仙寿

s02

簾シリーズ三仙寿。

ちょww 虫眼鏡自重w
何故撮っている時に気づかないんだ。
我ながら素晴らしい腕だな!

s03

s04

水を吸うとパンパンになって分かりやすい。
これ以上吸うと身割れる気がするのでしばらく干そう。
夏の間にコイツ丈夫だなあと思って水をちょっとずつやってみたら
それを全部溜め込んでたらしい。
結局あまりへこむ事もなく夏越しした。
オブツーサ交配種だからか、丈夫だ。
この写真だと上手く撮れてないけど透明度も高い。
葉がちょっとへこんだ時のシワの寄り方が好きだ。
真ん中からへこんでいく感じ。
ダイナミックで、小ぶりの株でも「ごろん」という形容がよく似合う葉。
お気に入り。

s01

曇りの日に撮ったヤツ。
裏窓綺麗。


屋上祭りは今回は諦めようと思う。
次までに色々準備しておこう。
夏越し失敗したヤツラの冥福を祈りながら
今いるヤツラに経験値上げてもらうぞ!
京都行きたい~(未練がましい)
行きません。
断言してみた。
でも来年は行く。ゼッタイ。

Posted by laku | 21:10 | Comment [0] | TrackBack [0] | ハオルチア |

25 2007

リュウビンタイ

r01

b03

リュウビンタイ。

こないだまでこれの1/3くらいの鉢にぎゅうぎゅう詰めだった。
猛暑でも水さえあればノリノリな種類なのでぐいぐい葉を増やし続けた。
4月~8月で6本くらいは出ただろうか。
葉部分が鉢部分よりでかく重くなり、むっちゃ頭でっかちに。
水が乾くとひっくり返る有様。
葉に比べて土が少ないため乾きやすく
うっかり三日放置したら葉が全滅。カラカラだった。
青くなる(自分が)。
(ちなみにハオは三日ぐらい屁ともなく涼しい顔していた)
慌てて枯れ枝切って水やったら新芽出し始め、ここまで復活。
早!
やっと植え替えた。
葉が展開してきたので活着したらしい←今ここ

b02


大きめの鉢にしたのに基部が土に埋まらない。
この写真の半分くらいの位置まで土に埋まってたのに。
どんだけ成長したんだ、オマエ…
鉢から出すのに二日もかかるわけだ。

ちなみに水が切れると葉が茎ごとだらんと下に倒れる。
水吸うとシャキっとあがる。
面白い。
大好きだ。
長く付き合っていきたいヤツのひとつ。


ハオにはまる前は観葉にはまってた。
¥100~¥500でたくさん種類買った。
可愛げのある小さい葉密集型(例:クローバー)に始まり
熱帯系のでかい葉っぱに憧れて手を出してみたものの
二年ほど栽培して気付く。

ベランダ・狭い家での熱帯植物栽培は無理。
いや、マジ無理。

グリーンフィンガーには遠いと思ってた自分も
ある程度ネットのお世話になると枯らさない術だけは上達し
ジャングル化したベランダで身動き取れなくなった。
真剣ヤバイと気付き、処分を考え始め、植物との共生案を練り始め、
そんな時にふらりと立ち寄った園芸店で玉扇に出会う。
何、この変な生き物…。
980円とか当時の自分には法外な値段。
買えるか馬鹿ヤロー!とその時は帰ったが、
結局何日か後には手元にあった。

栽培方法を調べていたら綺麗な写真がいっぱいあって目が離せなくなった。
そういうのは専門店じゃないと売っていないらしい。
ネット徘徊+通販+遠征。
金がかかるからやめようと思っていたのだが
小さい鉢でいくつも育てられるというセールスポイントにも見事に引っかかり
なぜか今100鉢以上ある。
恐るべしハオ。

Posted by laku | 20:36 | Comment [0] | TrackBack [0] | 観葉植物 |

23 2007

Haworthia cooperi Stillwell 15454

c01

c02

Haworthia cooperi Stillwell 15454

簾シリーズ。
紫っぽい色味にやられて購入。
光で色わかんねー!

霧がかかったようなとろんとした半透明が好きだ。
濡れた時とか綺麗で鼻息荒くなる。

c03

難なく夏越しした。
でも生長はしてないな。
植え替えしないとなー。


前に別用途で撮った時にデジカメの設定を適当にいじってしまったのだが
それ以来、赤が強く写るので気になってしょうがない。
というのがきっかけで、今更写真の撮り方(超基礎)を調べ始めてみた。
今まで体当たりだった。
スポット感光って何ですか?
露出って明るくなったり暗くなったりするアレだよな?
っつーレベルだった。
こんな自分が良いカメラ買っても持ち腐れ必至です。
オンボロデジカメ、もうちょっと頑張ってくれ。
あと100均虫眼鏡。w

自分の写真がソフトフォーカスかかったように写るのって
やっぱコイツのせいだよな→¥100
それはそれでちょっといいかもw

Posted by laku | 22:54 | Comment [0] | TrackBack [0] | ハオルチア |

22 2007

H.cooperi v.pilifera varieg.

p01

p02

p03

p04

H.cooperi v.pilifera varieg.
ピリフェラ錦。

ついに初夏、我が家のハオの一員に。
お約束ということで、他の鉢のついでに同じ業者さんから購入。
オクとかでもよく見るけど、お買い得狙ってずっと機会窺ってたんだ。
やっと入手~!
同じく雪の花、宝草錦とかもいつか購入したい。


来た時から埋まってた。
何でこんなに埋まってるんだw
新芽出てこれるのかな。
とりあえず植え替えたいところだが、型崩れしそうで怖くて触れない。
この端整さは崩したら再現出来ないに一票。
もうちょい様子見てていいですか。

普及種なので丈夫だと信じて直射ガンガン当ててる。
びくともしていないw
さすがですピリフェラ錦様。
白が綺麗だ。
透明窓に条理が鳥籠みたいに伸びててイイ。
何か思い出すなと思ったら、アレだ、泡立て器。

やっぱ斑入りは写真映えするなあ。
鉢とか化粧に凝ると気品を醸しだす繊細ぶった強健種。
そんなしたたかさが好きだ。
けっこーぞんざいに植えられてる姿もイイw
群生株になってくれないかなー。

Posted by laku | 23:02 | Comment [2] | TrackBack [0] | ハオルチア |

21 2007

夏物語

n04

n05

n06

夏物語。
簾越し光撮影にチャレンジ。
あいかわらず虫眼鏡接写でピンボケまくり。
虫眼鏡の端っこ見えてるしw

あまりの自分のヘボ写真っぷりに眩暈がし、思い立ってテンプレ背景を黒に変更してみた。
恐るべしブラック効果。
何たる着やせ。
己のダメ写真もいくらかマシに見える。(これでも)
しばらくコレでいってみよう。
見難いとか何かありましたらコメントでもメールでも大丈夫なんで、ご一報ください~。


夏物語ってネーミングセンスいいなあ。
ハオの名前って全体的に叙情的でちょっとイイ。
ドラゴンボールとか。(嘘)
ネーミング乱舞されると戸惑うけど、名前付きだと覚えやすくて初心者には便利。
でも両親は知りたいかも。
データとして次の交配に使える…気がするからw

中国生まれのオブツーサ交配種。
透明度も高くて葉模様や裏窓が綺麗。
とんがった葉先、ノギもダルマ葉のいいアクセントになってるなあ。
丸みと鋭角が同居してる形状に弱いw
かっちり作ったときのロゼットがスゲー好き。
ちょっと葉先枯れちゃった。

n07

葉先~。

簾越し写真、夏の終わりって感じでなかなか夏物語っぽい?
光で葉の色イマイチわかんないけどw

データとしては日陰で撮る方がいいかも。
だがしかし撮り溜めしちゃったのでしばらく簾シリーズ。
どんだけ簾好きなんだヨ!

n01

曇りの日に撮ったヤツ。
個人的にはもうちょっと焼けたくらいが好き。

写真、赤みが強く写るなあ。


明日から屋上祭り。
出かけるついでに覗いてこようかな。
初日朝一はちょっと無理だなー。

Posted by laku | 23:30 | Comment [2] | TrackBack [0] | ハオルチア |

20 2007

ひざし

t00

ハオ置き場その1。

直射がヤバイことになってきたので、簾増やした。
何だかんだでやっぱり9月だ。
陽が斜めってきて夏よりも直射範囲が広がってる。
本当は寒冷紗つけたいところだけど。
あそこの●号室の住人、視界遮って何やってんのかしら~と言われない為に見た目怪しくない簾の方を起用。
黒い寒冷紗とか相当ヤバそうに見えるだろうし、悪の秘密結社と思われて警察に踏み込まれたら死ぬ。いろんな意味で。
簾だったら大目に見てくれるに違いない。
やたら多いが。
外から見ると簾屋敷。
あ…あやしくないよ?
芥子とか大麻とか育ててないから!
ハオだから!
あと観葉ね!
そういや踏み込まれるといえば、泥棒とか入ったらハオってスルーされるのか?
まあスルーですよね。
おそらく脱出の時に鉢を蹴りひっくり返して逃亡。
ハオの値段知ってて高いのだけ持ってく泥棒ってのも嫌だなw
超レア株とかないけど、お気に入り持って行かれたら泣く。

ところで簾って何%くらいの遮光率なんだろ。
見た感じ40~50%ってとこだろか。
って思ってぐぐってみたら、60~95%ぽい。
思ったより高い。
うちのは安い簾だから隙間だらけで60くらいかな?

p02

p01

光浴びてるプリンセスドレス。
けっこーでかい。
ここが定位置で徒長もせずに超元気。
元気だが、随分ワイルドな姿になって当初の繊細な面影はどこに状態。
姫、ちょっと鍛えすぎです。

植替えの時に消毒液に浸したら液が強かったみたいでしょぼしょぼにw
ヒヤヒヤしたが、その後三ヶ月くらいで復活を果たした。
夏の間、潅水少なめだったからちょっと葉先枯れ込んでる。
レース系は難しいって聞くけど、葉先保持は課題だなあ。
ベランダだとやっぱ乾燥するな~。

Posted by laku | 21:34 | Comment [0] | TrackBack [0] | 雑記 |

19 2007

マクマリュウ

m01

m3

m04

マクマリュウ。
竜鱗×マクマトリ or マクマトリx竜鱗
後者?かな?
軽く調べたら二つともあった。
よく分からんけど、とりあえずメモ。

竜鱗系はすごい好きなんだけど、気に入ったの欲しいなーと思ってキョロキョロ現在進行形。
オーソドックスなタイプはまだ一種のみ。
マクマリュウと合わせてニ鉢持ってる。

マクマリュウ、色が好み。
もうちょい陽に焼けるとより個性的な色が出てくると思う。
まだ小苗だけど、質感も両親の特徴引き継いでてイイ!
窓によく見るとある、切れ込みっぽい凹凸も好きだ。
自分の写真ではこの良さが伝えられてないなあ。
残念。


例のオークション、指くわえて見てる。
欲しがりません、経験値積むまでは……うぉおぅ…!!
来年こそは、来年こそは京都大会に……!!!!!!

Posted by laku | 20:00 | Comment [0] | TrackBack [0] | ハオルチア |

18 2007

菊花の舞錦

k01

k02

菊花の舞錦。
これもいただきもの。
いただいた時は葉先も茶色でやばそうな感じだったw
もらう時に胴切りしないと育たないと言われたので、真っ白だった頭を飛ばしてみた。
(トランシエンスと一緒に友人が)

k05

k03

k04


やっと新芽出てきた。
新芽が出てきたら緑がちょろっと戻ってきたんだが…
これで大丈夫だろうか。
ちょっと…葉緑素ヤバそうな気がするんだが…w
超ギリギリって雰囲気。←緑の量
でも今は見惚れるくらい綺麗なので、とりあえず様子見ることにした。
頑張ってくれ。


それにしても白い葉って写真映えするなあ。
ヘボ写真でも当社比1.5倍。
綺麗に撮れるので枚数多く撮っちゃったよ。
黄緑の鮮やかな葉も綺麗に撮れる。
黒い葉や緑の濃いのは色が沈むので撮るの難しい。
オレンジと緑が同居してる葉とかも難しい。
黒い葉がメインで好きなので上手く撮れないのは口惜しいところ。
要修行~。

そういや写真からノイズ消えたな。

Posted by laku | 18:22 | Comment [0] | TrackBack [0] | ハオルチア |

17 2007

Haworthia hybrid

c01

c02

c03

コンプト×コンプトの実生とのこと。
この場合コンプト?

買った時から大分でかくなった。
どう育つのか楽しみ。
やっぱ小さい頃から育てるのは楽しい。
最初は緑で、焼いたらきれいな青紫になった。
この写真は太陽光当たってるのでちょっと色味変わってる。
旨そうな色だw

やや丸葉でソフトな雰囲気。
かわええ~

Posted by laku | 00:42 | Comment [0] | TrackBack [0] | ハオルチア |

15 2007

Haworthia limifolia(?)

l01

l02

l03

名無しハオ。
いただきもの。多分瑠璃殿(Haworthia limifolia)。
形が気に入っていただいてきた。
子株が出てきた。
爆殖の予感w
葉先が枯れてしまった。ベランダ乾燥するからな~
硬葉ハオが難しいってのはこういう事かと実感。

硬葉といえば、十二の巻っぽい霜降りがちょっと欲しい。
前に見て綺麗だったから。
葉先枯らさないよう経験値あげてからチャレンジしてみよう。
その前に欲しいハオが多すぎだけどw

でもこの夏、似た雑草タイプを立て続けに三鉢逝かせて猛省中orz
立ち直れねえ~!!
なので、今あるハオをしばらく愛でようと思う2007年秋…
経験値UP切に希望ォ!!

Posted by laku | 14:06 | Comment [0] | TrackBack [0] | ハオルチア |

13 2007

銀世界

g01

g02

g03

銀世界。
もっとも白いハオルチア
…というフレーズが売りだが、今だともっと白いハオありそう。
雪が積もったような白が綺麗。
窓はあまりないけど、新芽の葉先は透明な部分が目立つ。
ちょろっと裏窓があってかわええ。


g04

花芽ー!
咲いてもまだ交配する相手がいない。
ゆっくり伸びてくれ。


写真にノイズ入るなー。
要修行。

Posted by laku | 20:27 | Comment [0] | TrackBack [0] | ハオルチア |

10 2007

ベヌスタ

v01

v02

v03

我が家で唯一のベヌスタ。
何故かベヌ交配種はいっぱいあるんだけどw
ベヌは好きだけど、買うなら吟味して~とか思ってたのに、目の前のベヌにふらふらと。
後悔はないw
実生カキ仔だそうで、お値打ちに譲っていただいた。
今は小さいし毛もまばらっぽいけど、透明度が高くて綺麗。
生長が楽しみ。


通わせていただいてるハオスキーさんにリンク貼らせていただきました。
ブログメインで少しサイトも。
全部無断でバチバチと貼っつけました。
何か不都合等ありましたらお知らせください。
(まだ誰も来てないブログだが)
まだ全部じゃないので増える予定~。

Posted by laku | 18:47 | Comment [0] | TrackBack [0] | ハオルチア |

10 2007

H.cooperi v.cooperi W Somerset East

c01

c02

c03

H.cooperi v.cooperi W Somerset East
透明ノギ葉ダルマ選抜タイプ

お気に入りのクーペリー。
良く見かける産地で、このタイプには「CL1」ってついてるんだけど
この株にはついていなかった。
クローンじゃないって事もないだろうから、単についてないだけかな。

強光で焼いた色が好きだ。
紫っぽい黒っぽい色がたまらん。
ノギもイイ。
もうちょっと膨らむのかな?
膨らみにくいとどっかで読んだ。
このままでもいいけど、膨らんだ姿も見てみたい。

写真は前に撮り溜めしたものなので若干古い。
今は夏越し完了して復活。
夏の乾燥で外側の葉先がちょっと枯れたりした。
NOOOOO!
口惜しいッ…!
なによ!は、初めての夏越しなんだから!
生きていてくれたらそれでいいんだからッ…!!

Posted by laku | 01:44 | Comment [0] | TrackBack [0] | ハオルチア |

08 2007

H.cymbiformis v.transiens

t01

t02

冬に胴切りしたトランシエンス。
ソフトな緑で窓が綺麗。
友人と頭と胴体分ける約束して共同購入w
はじめから胴切りするつもりで買ったので、枯れてもいいと覚悟して切った。
初心者なので二人してえらいビッグイベントだった。
友人が薙ぎったので己の経験値は上がってないw

我が家には胴体に残ってもらった。
ついでに出た葉を葉挿ししといたら出るわ出るわ…
なんという生命力。
このまま群生株になってもらうかなあ。

Posted by laku | 20:44 | Comment [0] | TrackBack [0] | ハオルチア |

08 2007

About

About

Author: laku
Since:
    2006年秋 ハオルチアにはまる。
    2007年9月 ブログ開始。

Photo: Canon Power Shot A40 + 虫眼鏡 ¥100
Mail: lakuleafyahoo.co.jp(を@に変更)

 ベランダー。
 栽培・撮影技術共にゆるゆる。
 ブログもゆるゆる。
 本人もゆるゆる。

 栽培三年目に突入。
 黒ハオ・ストレスで色がつくハオ・緑の鮮やかなハオラブ。

 写真はクリックで拡大。
 たまに出来ないのもある。かも。


Note:
 このブログのハオ情報は主にネット・付属ラベルよりいただきました。
 たまに栽培者さんから+福屋氏のハオ本が増えたのでそこからも。 大感謝!
 ゆるゆるハオ生長記録 兼 趣味日記となっております。
 信頼出来る情報かどうかはご自身の判断にて宜しくお願いいたします。
 間違い・ご指摘・新情報等お気づきの点がありましたら、是非是非ご一報ください~!

 ありがたい事にこちらにリンクしてくださっているブログやサイトさん
 見つけ次第こちらもリンクさせていただいてます。
 感謝~!ヽ(゚∀゚)ノ

Posted by laku | 20:31 | Comment [0] | TrackBack [0] | 雑記 |

08 2007

作ってみた

ブログ~。
どこまで続くか分からないけど、とりあえず成長記録がてら、撮ったヘボ写真ももったいないので活用してみようかと思う。
今までmixiだったけどあそこ、三枚しか写真が載せられないし。
サムネイルちっちゃいからクリックして確認するのがめんどくさくなったw
こっちでしばらく様子見~。
暇を見て過去の記事を移動してみる。
移動がてら写真見てみたら、今は大分でかくなってるな~。
よっしゃよっしゃ。

おんぼろデジカメのカード買った!
別用途に買ったけどうっかり1GBとか買った。
それしか売ってなかったんだ。
コンパクトフラッシュ1GB。
一眼レフに最適!とか書いてあったけど
ごめんなさい、そんなイイもんじゃないです。
このデジカメは超オンボロです。
大きさと重さだけなら一眼レフに近いかも。
デジカメにありえない重さと大きさ。
単3乾電池4本使用だ!

あんま写真とか撮るの好きじゃないけど買ったからには有効活用だ。
見ておれ1GB。
こないだスポーツ観戦で撮った時は軽く350枚越えまだ余裕だった。
ハオで一気に350枚って…ないだろうなあ。
画質を良くしてみようかな。
ヘボい写真も多少はマシになるかな。

ちなみに接写には百均の虫眼鏡使用。
お手軽接写でピンボケ必至!

Posted by laku | 20:22 | Comment [0] | TrackBack [0] | 雑記 |

07 2007

雪うさぎ

y02

y01

y03

雪うさぎ。

黒ザラ透明窓スキーとしては見逃せないヤツ。
まだまだ小さい。
これでも買った時の倍くらいにはなってるような。
だいぶ葉が増えた。

黒砂糖と兄弟株だとか、片親が玉扇だとか言われてるけどどれが正しいんだろ。
いくつか違う種類も同じ名前で出回ってるようだ。
見たところ、玉扇混じってそう。
ウサギの耳みたいにぴょんぴょん飛び出てるのカワユス。
早くロゼットになれ!


台風被害。
ハオは、超大事なのや水遣ったばっかりのだけ室内に入れて、あとはベランダに放置した。
止んで見たらトレーに水がなみなみと溜まってたw
何日か様子見て、腐らなければ大丈夫だろう。
水浴びて秋の始まりを体で感じてもらった。

それより観葉のヤツラが大惨事。
重い陶器鉢が落ちてひっくり返ってクッカバラの葉がボキボキ折れて…。
鉢が割れなかっただけマシか。
あんな重い鉢ひっくり返すとは…やるな台風。
他にも土と簾の残骸が散乱。
あらかた片付けた。
乾いたら土掃こう。

Posted by laku | 21:41 | Comment [0] | TrackBack [0] | ハオルチア |

03 2007

中国黒オブツーサ

c01

c02

c03

恒例の「酔っ払って楽しく日記を書こう」の時間です。

今日は中国黒オブツーサ。
最初はのびのび徒長で窓もスモーキーだし
頑張って焼かないと黒くならないし
イマイチ~って思ってた。
でも育ててるうちにコイツだけ触らせてくれることに気づいた。
他のはオブ含め、硬かったりしなっとしてたり
毛やノギが崩れるのが心配だったりで今ひとつ触り甲斐がない。
これは、触ると弾力あってぷにぷにしてて表面がさらっとしてて、
うちにあるヤツラの中で一番触り心地がよかった。
ご機嫌を伺ってビクビクするほど外見が気に入ってなかったせいもあって
触り方に遠慮というものをしなかった。
それでも平気な顔して生長続けてた。
思わず手に取るたびにうりゃうりゃと触ってるうちにお気に入りのひとつになった。
えろいとか言わないようにw
我が家で唯一触り心地を楽しむ株として大活躍。

…だったのだが、夏のはじめに子株吹いてから
密集したからか触り心地が悪い。
つーか硬い。
おンのれ…!
アレか、子供出来るとガードが固くなるというヤツか。
母性本能ってか!?
最近涼しくなったから植え替えして子株捥いだろか…!


最近涼しい。
ハオ軍団は大体無事夏越しした…と思って油断した。
レティキュラータがひとつ溶けた。
ここんとこ見てやれてなかったところに雨降ったからか?
噂の、生長点や葉にワンタッチでバラバラ分解ってのを初めて体験した。
マジスマンカッタ……!
号泣。
この、教訓、決して、無駄には、しない…!!!

噂の腐ったきゅうりの匂いはしなかった。
不思議。
小さい株だったからかな?


涼しくなって、断水してたロックウッディーに水やったやつ、今日見たら綺麗に復活してた。
上半分枯れて下半分黄緑で、丸くてすげー綺麗。
これだよ!!これが見たかったんだー!

Posted by laku | 21:02 | Comment [0] | TrackBack [1] | ハオルチア |

Home |

© FC2 BLOG / ooq:blog

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。